発達のゆっくりなこどもたちの 療育が楽しくなるメルマガ | 集まる集客

発達のゆっくりなこどもたちの 療育が楽しくなるメルマガ

訪問看護ステーションや、クリニックに就職し、
障がい児を扱うようになった理学療法士さん、作業療法士さん。

障害児デイサービスのスタッフさん。
そして保護者のかたがた。

 

障がい児を療育することになったけど、
実はあまり勉強する機会がなく

なんとなく、見よう見まねで接している


これでいいのか、誰も教えてくれないし、
相談するところもない

座学では勉強できても、
具体的な指導が受けられない



そんなあなたへ


いま、障がい児を扱う施設で、

たくさんの恐ろしい事故や問題が起きていることを
ご存知でしょうか?


その時、目に見える事故や出来事だけでなく

あなたがしている その接し方が
その子の将来の体を 
かえって悪い方向へ導いている

そんなこともあることを
ご存知ですか?

 

障がい児の発達についての不安をへらし、
楽しく療育できるよう、応援します!

このメルマガでは、
障がい児にかかわる理学療法士・作業療法士・
施設職員さんや保護者の方々に、

日々の診療で、私が学んできたこと、

広く知っていただきたいと思ったこと、

毎日の生活の中で お役に立ちそうなことを
少しづつお伝えしたいと思います。



愛情いっぱいで、子育てにワクワクしている
いつも笑顔の、そんなあなたになれるよう

障がい児のリハビリテーションに26年携わり
300名以上のダウン症児
600名以上の脳性麻痺児など
運動面の障がいを持ったこどもたちを診つづけている

整形外科医師 多和田 忍 

心を込めて、お伝えします。




多和田 忍は、
障がい児リハビリテーションの専門家です



昭和63年 名古屋市立大学医学部を卒業


4年間の整形外科研修ののち
学生時代からの目標であった
障害児医療に進みました。


名古屋市の療育センターに18年間勤務しましたが

療育センターには18歳までしか受診できない
受診できる地域が限られている
急な痛みなどの相談ができないなど、
その制度は、十分と言うには程遠いものでした。

障がいは一生なくならないのに!


そこで
私を必要としてくださる
どんな患者さんも診ることができ、
患者さんの生涯にわたってお力になれるよう

H22年10月、
たわだリハビリクリニックを立ち上げました。

クリニックには毎日大勢の患者さんが来てくださり、
診察の必要性を日々強く感じます。

地元に障がいに詳しい医師がいないという理由で、
遠方からもたくさんの患者さんが来院されます。

診察時には地元で受けている訪問リハや、
専門医のいないクリニックでのリハ、
お世話になっているデイサービスでの様子なども
お聴きします。

すると

    •  そのやり方では、
       大きくなってから股関節や膝がはずれてしまう!
       
       それはその子には危険!
       
    •  
    •  こうすればもっと発達を促せるのに…
       
      と感じたり、
  •  定期的な検査がされていないために、
  •  脱臼しかけていることに気付かず、 
  •  リハが続けられていて
     
    こちらがヒヤヒヤしてしまうことも。

ですが、私の知っている療育施設や訪問リハ、
デイサービスのスタッフさんは

みな本当に愛情にあふれ、子どもたちを大切に、
一生懸命関わっています。

なのになぜ、
そんなことが起こってしまうのでしょう…?

本当はもっと自信を持って患者さんに接したいのに
勉強する機会や時間がなく、
不安を抱えながら療育しているのでは…?

整形外科医師の立場から話を聞く機会が、
あまりにも少ないのでは…?

 

そう思ったとき、

そんなスタッフさんの悩みに、
自分の知識や経験が生かせないか?

と考えたのです。

ある日、遠くに住む娘とインターネットで繋がりながら、
ふと気づきました。

インターネットを使えば

離れている地域のスタッフさんにも
自分の知識が伝えられる!

クリニック以外でリハビリや療育を受けている患者さんにも
訓練・療育している方へご指導することで
お役に立てる!

クリニックに来れない患者さんのご家族にも
役立つ情報をお渡しできる!

そして 少しずつでも
悲しい現状を変えられるのでは…

そう思い、メルマガ作成を考えました。


運動面に障がいを持った患者さんの
問題を、
少しでも軽くし、

生涯にわたってお役に立ちたい。


の強い思いから、この企画を
立ち上げました。

 

このメルマガはこんな人におすすめです

「運動障がい児の訓練をしているが、これでいいのか自信がない」
「ご両親へ、育児についてしっかり説明することができない」
「障がいのあるこどもたちを扱っているのに、勉強する機会がない。」

「障がい児を授かったが、どうやって育児したらいいのかわからない」
「障がい児を授かった保護者を、支えてあげたい」

「自分なりに勉強してきたけれど、もっともっと勉強したい

「自分のセラピー・ハンドリングに自信を持ちたい」
「こどもたちのからだのことを、もっと知りたい」

そんな方々のために、配信してまいります。

 

こどもたちの笑顔は人類の宝物です。 

まわりが笑顔でいることで、
こどもたちの笑顔が守れます。

自信を持って 
笑顔で療育・訓練できますように!


ご登録お待ちしています。

なお配信は8月1日から開始しています。